帰ってきました

御心配をお掛けいたしましたが、本日無事息子が帰って
来ました。成田まで迎えに行くと、迎えの家族や学校関係者
と報道の人たちが到着ロビーに集まっていました。有名人でも
帰ってくるのかと、集まっている人に誰が来るのと聞いている
人もいました。息子達がロビーに現れると誰からとなく拍手が、
そしてお帰りの声、カメラのフラッシュとなんか有名人の帰国
風景に(見たこと無いけど)見えました。
無事は判っていたけれど安堵です。
それでもまだニュージーランドでは行方不明者もいて、
ちょっと複雑な思いもあるわけです。

そして成田に送っていった時の飛び石でヒビが入ったフロント
ガラスを今日交換しました。

フロントガラスを外した状態

CIMG0482s.jpg

新しいフロントガラス

CIMG0486s.jpg

新しいフロントガラスが付きました

CIMG0488s.jpg

思えばこのフロントガラスのヒビが今回の騒動の始まり
だったような気がします。

これで全て完結!

続報

ニュージーランドの地震で被災した我が息子の続報です。
まだ直接の連絡はありませんが、学校からの情報です。

クライストチャーチにて本日まで、ホストファミリーと
近隣の大学の施設に分散して宿泊していたようです。
息子は予定のホストファミリーとは接触出来ません
でしたが、地震当日受け入れを表明していただけた
別のホストファミリー宅でお世話になったそうです。

本日クライストチャーチを離れオークランドに移動して、
今日からホテルでの宿泊になる予定との事。
オークランドから日本への帰国便を待つ模様です。
情報では3月1日の便が確保出来たようです。

オークランドはクライストチャーチから約600キロ
離れており、地震の影響はありません。本来なら
クライストチャーチで、ホストファミリー宅(基本的に
1ホストファミリーに一人)から自力で語学学校に
毎日通っているはずだったのにね。
もしかすると当人達は親の心配をよそに、これ幸いと
羽をのばしてるのかもしれません。

無事です

昨日ニュージーランドに出かけた息子が現地で被災しました。
御心配をお掛けしておりますが、学校から全員無事との連絡
を受けております。
本人からの連絡はまだありませんが、携帯も持って行っては
いけないと言う事ですので持っておりません、しょうがないですね。
沢山の安否のお問い合せを頂き、本当にありがとうございました。
クライストチャーチ到着後3時間で被災した模様ですが、
学校からの第一報は公園に避難しており、全員無事という
連絡でした。
テレビでも、栃木の中学3年生75名全員無事と言うニュース
が流れておりますが、ここに我が息子が含まれております。
チケットの手配がとれ次第帰国になるようですので、
何をしに行ったのか判りませんが、無事に帰ってくれば
良しですね。
富山の方々はとても心配だと思います、無事を祈っております。

御心配をお掛けして大変申し訳ありませんでした。

飛び石

今日は次男のニュージーランド語学研修(2週間の短期ホームステイ)
出発の日です。そのため成田まで送っていく事になり、午後自宅を出発
しました。岩槻インターから高速に乗って首都高を走っているときに異変は
起きました。
バチーーン!何かが車にぶつかったようです。なんだろう?
よそ見していたわけでもないのですが、何も見えませんでした。
よく見てみると、フロントガラスの一部にヒビが入っているでは
ありませんか。
多分飛び石でしょう。ショックです、車両保険入ってません(泣)

CIMG0362s.jpg

CIMG0361s.jpg

こんなキズです、結構大きいですよね。夏には車検だしどうしよう。

リペアで直る物なのか、交換しなければいけないのか。
どちらにせよ大きな出費になりそう。
リペア屋なもんでDIYもちょっと考えています(笑)

CIMG0364s.jpg

成田まで息子を送って、飛行機を見て(カンタスとJALが見えます)
失意のまま、高速は使わず下で帰ってきました。
行きも高速使わなきゃ良かったのにね。




アウトランダーのバッテリー交換

寒い日が続いています(今日はちょっと暖かかった
ですが風が強かったですね)、このためか最近我が愛車の
エンジン始動がちょっと怪しいです。やっと動いて
いる状態で、寒い朝は特に危ないです。
新車購入後5年目となり、走行8万キロを突破して
バッテリーもそろそろ寿命でしょうか。

交換をするにあたり、金額を調査してみました。
結構高いです。ディーラーには行っていませんでしたが、
2万円以上するらしい事が判りました。また、ホームセンター
にあるものでも1.5万円程度でした。もちろんこの場合は
自分で交換です。ネットで調べるとパナソニックのカオス
でも同程度の値段で買える事が判りました。そしてなんと
韓国製のバッテリーが送料および代引き手数料を入れても
6500円で買える事が判りました。で、この値段につい
ポチっとしちゃたわけです。

CIMG0259s.jpg

届いたのがこれです。

早速交換してみました。
ボンネットを開けてみると、先日までなかった猫の足跡が
無数ついておりました。先日の雪にたまらず、エンジンで
暖をとったのでしょう。しかしこの狭い中良く入ったもんだ。
家からこの事務所までの距離では、エンジンもそんなに熱く
ならなく絶好の温度だったのではないでしょうか。

neko.jpg

でもあぶねーよ、なんか対策しなくちゃかな?

話を元に戻して、バッテリー交換です。
バッテリーの上にはエアーダクトが通っており、これが邪魔です。
最初にこれを取り外して...あれあれ?ねじが馬鹿になってる?
ねじを回してもくるくる回るだけで、ちっとも上がってきません。
どうなってるの。調べるとねじ込むと受け側が開き取れなくなる
構造のねじと判り、横方向に力をかけながら回すとねじが浮いて
きました。(基本的には馬鹿になってたという事ですね)

CIMG0261s.jpg

エアーダクトを外すとバッテリーがあらわになります。

CIMG0263s.jpg

この状態からバッテリーを取り外すわけですが、まずはマイナス
端子から取り外し...オッと待った、エンジンを掛けなければ。
そうです、バッテリーバックアップ電源を持っていない私は、
各種メモリーの保護のため、エンジンを掛けて対応することに
したのです。(これもネット情報です、ありがとう)

エンジンを掛けて、マイナス端子を取り外し、次にプラス端子を
取り外します。バッテリーを押さえてある金具も外して、古い
バッテリーを持ち上げようとしますが、取っ手もなく重いので
なかなか取り出せません。これが一番しんどいです。どうにか
外して、新しいバッテリーを載せます。新しいバッテリーには
取っ手が付いていて助かりました。固定して、プラス端子、マイナス
端子の順に取り付け終了です。

CIMG0264s.jpg

エンジン始動も快調となりました。
時間的には30分もかかってないと思います。
ただ、ショートさせないように慎重に作業は行いました。
自分で作業するという事は自己責任ですので、誰も保証して
くれません。結局お金が高いという事はその保証と言う意味
もあるわけです。安易に安いからといって、自分で作業する
ことが良いこととは限りません。
今回はつい価格に目がくらんでポチっとしてしまいましたが、
もう少し考えて行動した方が良かったかもしれません。

まあ、成功したから良しですけど。

2日連続のブログ更新、久しぶりですね~(笑)
Calendar
<< October 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
search this site.
tags
archives
recent comment
others
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31